書体の種類

篆書体(てんしょたい)

日本銀行発行のお札に押されている印鑑にも用いられている
書体になります。
中国で使われていた大篆が起源といわれ、籀文、篆書へと
進化していった文字と言われています。
秦の始皇帝の時代にこの篆書体が使われ、今もなお印章界では
使用されています。

篆書体(てんしょたい)

隷書体

篆書体をもっと簡単にした書体が隷書体と言われています。
中国の戦国時代から使用されていた書体が、業務効率を上げるために
更に簡略化されたと言われています。

隷書体

古印体

昔から日本で印鑑に使用されている書体で、
篆書体をもっと簡単にした書体が隷書体と言い、更に読みやすくした
物が古印体と言われています。
読みやすい書体なので、認印などに使用する事の多い書体と
なります。

古印体

印相体(いんそうたい)

篆書体から進化した書体で、枠に向かって広がっているのが
特徴です。篆書体はシンプルな書体ですが、印相対はどっしりとした
印象があります。
印鑑にはよく使われる書体です。
篆書体と比較し、かなり新しい書体で、近年開発された
書体となります。

印相体(いんそうたい)

楷書体

一画一画続けずにしっかりと書かれているのが楷書体。
現在では漢字のもっとも基本的な形であると言えます。
昔の中国では隷書体に代わって標準となった書体と言われています。

楷書体

行書体

楷書が一画一画しっかりとしているのに対し、
行書体では続けて書かれる事が多くあります。
古代の中国では公務文書や祭礼用の文書に用いられてたと
言われています。

行書体

リンク
個人 実印 個人 銀行印 個人 認印 個人 お得なセット
法人 実印 法人 銀行印・各印 浸透印 法人 お得なセット

お問合せ

ページの先頭に戻る